jibberbook

スキンケア商品の格下げをしたあとの肌の調子

アラフォーと呼ばれる年代に差し掛かっている主婦です。私が高校生の頃はガングロ、コギャルが一世を風靡し、女の子達は今の時代に比べて化粧が濃かったように思います。私自身はコギャルとまではいかなかったものの、例外ではなくバッチリメイクをしていました。

 

しかしながら化粧を派手に可愛く見せることに精を出していた一方で、肌を労るスキンケアについては疎く、恥ずかしながら当時はメイク落としの存在を理解していませんでした。また、屋外に出て遊ぶことが多かった割に日焼け予防もほぼ皆無。今から思えば恐ろしい状態です。

 

当時はアラフォーになった自分の悩みなど知る由もなく、「今」を大事にしていたのです。その代償に気付き始めたのは30歳を過ぎてから。くすみ、乾燥、毛穴の黒ずみなどなど、気付いたときには同時に襲いかかってくる老化現象。焦った私は友人の勧めでアイビー化粧品を使い始めました。

 

大々的には宣伝されておらず、紹介やイベントで広めている印象です。まずは洗顔フォームとメイク落としから使い始めましたが、即効果を感じることができました。全体的にトーンアップしていくのが見たわかります。完全にハマってしまい、化粧水、クリーム、美容液、パック、下地、ファンデーションと一通りアイビーで揃えました。肌もそこそこ良い状態で維持することができました。

 

ただ、やはり値段もそこそこ。洗顔フォームで一本5000円程度で、美容液に至っては10000円以上します。フルで仕事をしていた頃はあまり気にせず購入していましたが、コロナの影響もあり退社し節約生活を余儀なくされ、改めて金額を見直すと、嫌な汗が出ました。(笑)一度良い化粧品を使ってしまうと、格下げすることにはとても抵抗と不安があります。

 

しかしこのままでは我が家は破産!とのことで、ママ友が使っている無印良品のスキンケアを試してみることにしました。まず導入化粧液から始めて、化粧水、美容液、乳液、クリームと種類が多く手間はかかるものの、一つあたりの価格は5分の1程度です。

 

そして気になる効果ですが、今で4ヶ月目に差し掛かりますが、以前とほぼ変わりません。アイビーのスキンケアでの土台があるためこれから変化があるのかと様子を見ているところです。私は乾燥がひどいので、化粧水は高保湿タイプを使っていますがこれが肌に合っているようです。これから冬が来るので乗り越えることができれば、このまま無印で続けようと思っています。